事前準備

体育館にグリーンのマットをメジャーを使い配置する。メジャーには縦・横
別に色を変えてマークがしてある。
グリーンのマットの列を通路と見て、通路に囲まれた所に銀マットを敷く。


銀マットの配置

銀マットに、男女を分けた位置を決めて自分の名前を書いて貼る。(家族はいっしょ)ボランティア活動に参加して帰ってきたら自分の寝る場所がなかった、ことがないように。


名簿作成

この避難所に誰が居るかは最重要事項である。外部からの問合せや役所への報告、体育館での居場所決定など。
この人数を集計して銀マットの居場所を決める。


無線連絡所

在宅避難を選択した場合、避難所に連絡する必要があります。そんな時のためにトランシーバー連絡網を作りました。北野地域では14台のトランシーバーを設置し、毎月連絡の訓練をしております。この地図は北野老人憩の家に設置
してあります。


新たなチャレンジは私たちの原動力です。より良いサービス提供を行うことが喜びであり、楽しくも真剣に取り組んでいます。

新たなチャレンジは私たちの原動力です。より良いサービス提供を行うことが喜びであり、楽しくも真剣に取り組んでいます。

新たなチャレンジは私たちの原動力です。より良いサービス提供を行うことが喜びであり、楽しくも真剣に取り組んでいます。

令和2年度(2020年)の避難訓練は、北野老人憩の家で、三密を避けるため
時間を分けて行います。

コロナウイルス感染症が流行中、災害が起きた時、台風や大雨での避難は
原則、自宅や親せき知人宅への避難をお勧めします。自宅避難などが出来
ない時は天満中学校へお願いします。